本文へ移動

平成30年度

平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)安全方針

1.安全運転意識を高め、危険予知運転を励行します。
2.車両の特性(車高・車幅・車長・死角)を十分理解し、常に目視による安全確認を励行します。
3.日常点検の確行及び車両整備体制を強化し、円滑な運行を確保します。
  安全方針は全社員への書面による配布及び社内掲示、及び月例の「安全輸送会議」にて周知します。
 

平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)安全目標

「人身事故(ゼロ)」
「物損事故 5件以内」   
 安全目標は全社員への書面による配布及び社内掲示、及び月例の「安全輸送会議」にて周知するとともにホームページに掲載し公表いたします。

目標達成のための実施計画

  1. 年2回以上の健康診断の実施
  2. 年4回の「ヒヤリハット」の情報共有と分析
  3. 運転記録証明書の取得とその分析及び優良運転者の表彰(年1回)
  4. 輸送の安全を実現するために毎月1回「輸送安全会議」を実施し、全社員の指導・教育を行う
  5. 労務管理の徹底 配車状況の報告・確認・指示を明確にし、過重労働の防止
  6. 目標達成状況を毎月の「輸送安全会議」にて全社員に報告・確認を行い、必要に応じ改善策を検討し実施する。
7.外部機関の講習・セミナーの積極参加

輸送の安全に係る指導・教育計画

輸送の安全確保及び目標達成のため、別紙の通り指導・教育の年間計画を立て実施致します。

事故情報、災害情報の共有、伝達及び処置

  1. 事故が発生した場合、運転者は原則として当日中に、事故発生の状況を記入した「事故報告書」を管理責任者に提出する。
  2. 管理責任者は、事故発生原因を分析し、再発防止策を決定。これを実施し効課の確認を行う。
  3. 事故情報、災害情報は及び行政処分の内容等について、臨時ミーティングを開くとともに、社内に掲示し全社員に周知いたします。
 
以上、社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、従業員への周知徹底を行い、常に主導的な立場で輸送の安全を確保するよう行動する。また、輸送の安全に関しての計画、実行、チェック、改善を絶えず行い、従業員への意識及び安全推進体制の向上を計る

昨年度の輸送の安全に関する目標の達成状況及び事故に関する情報

昨年度「違反及び交通事故・商品事故ゼロ」の目標に対し
    交通違反   7件   未達成
    交通事故  16件   未達成
    (人身2件・物損10件・自損4件)
    商品事故   0件   達成
※昨年度の「自動車事故報告規則第2条」に規定する事故はありません。

我が社の安全に対する反省事項及び改善方法

昨年度の交通事故の内容はほとんどが軽微なもの(別紙参照)であり、運転手のちょっとした油断や安全確認不足によるものであります。特に16件中10件は1トン車運転者によるものであることから、30年度は特にこの1トン車の交通事故撲滅を重点課題とし、全車にドライブレコーダーを設置。これにより各自の安全運転意識を高め、日々の運行状況をドライブレコーダーの記録より把握し、安全運転教育の充実に活用して参ります。以上、社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、従業員への周知徹底を行い、常に主導的な立場で輸送の安全を確保するよう行動する。また、従業員への意識及び安全推進体制の向上を計る。
0
1
6
8
7
3
有限会社 佐藤運送
〒801-0801
福岡県北九州市小倉北区西港101-3
TEL.093-591-7532
FAX.093-591-7582 
1.一般貨物自動車運送業
2.第一種利用運送事業
3.軽貨物運送業務全般
TOPへ戻る