本文へ移動

安全マネジメントマニュアル

平成30年度安全方針

1.安全運転意識を高め、危険予知運転を励行します。
2.車両の特性(車高・車幅・車長・死角)を十分理解し、常に目視による安全確認を励行します。
3.日常点検の確行及び車両整備体制を強化し、円滑な運行を確保します。
  安全方針は全社員への書面による配布及び社内掲示、及び月例の「安全輸送会議」にて周知します。

平成30年度安全目標

「軽微な物損事故の撲滅!」
    
 安全目標は全社員への書面による配布及び社内掲示、及び月例の「安全輸送会議」にて周知します。

目標達成のための実施計画

  1. 年2回以上の健康診断の実施
  2. 年4回の「ヒヤリハット」の情報共有と分析
  3. 運転記録証明書の取得とその分析及び優良運転者の表彰(年1回)
  4. 輸送の安全を実現するために毎月1回「輸送安全会議」を実施し、全社員の指導・教育を行う
  5. 労務管理の徹底 配車状況の報告・確認・指示を明確にし、過重労働の防止
  6. 目標達成状況を毎月の「輸送安全会議」にて全社員に報告・確認を行い、必要に応じ改善策を検討し実施する。
  7. 外部機関の講習・セミナーの積極参加

輸送の安全に係る指導・教育計画

輸送の安全確保及び目標達成のため、別紙の通り指導・教育の年間計画を立て実施致します。

事故情報、災害情報の共有、伝達及び処置

  1. 事故が発生した場合、運転者は原則として当日中に、事故発生の状況を記入した「事故報告書」を管理責任者に提出する。
  2. 管理責任者は、事故発生原因を分析し、再発防止策を決定。これを実施し効課の確認を行う。
  3. 事故情報、災害情報は及び行政処分の内容等について、臨時ミーティングを開くとともに、社内に掲示し全社員に周知いたします。
 
以上、社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、従業員への周知徹底を行い、常に主導的な立場で輸送の安全を確保するよう行動する。また、輸送の安全に関しての計画、実行、チェック、改善を絶えず行い、従業員への意識及び安全推進体制の向上を計る。
0
1
6
8
7
3
有限会社 佐藤運送
〒801-0801
福岡県北九州市小倉北区西港101-3
TEL.093-591-7532
FAX.093-591-7582 
1.一般貨物自動車運送業
2.第一種利用運送事業
3.軽貨物運送業務全般
TOPへ戻る